旧ブログ | 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック

  • 神奈川県川崎市幸区鹿島田1-4-3 1階
  • 044-522-7720

ブログ|幸区の新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科|新川崎駅と鹿島田駅から徒歩1分

旧ブログ

Blog

乳児の鉄欠乏について

鉄欠乏が続くと貧血になることはよく知られていますが、鉄欠乏は乳児では脳の発達・機能にも影響し、泣き入りひきつけ、夜泣き、むずむず脚症候群などとの関連が示唆されています。米国小児科学会は、鉄欠乏を防ぐために、乳児への予防的投与を推奨しています。 乳児は急速に体が大きくなり赤血球の材料である鉄がたくさん必要ですが、乳児期は食べ物に含まれる鉄が少ないために鉄欠乏になり易い時期です。特に、鉄...

帯状疱疹ワクチンを開始します。

帯状疱疹ワクチンが2020年3月から開始されており、ご希望される患者さんに随時行っています。   帯状疱疹とは? 身体の左右のどちらかにピリピリした痛みを伴い、小さな赤い水泡疹が帯状に出現する病気です。50歳頃から増加し、80歳までに3人に1人がかかっています。10%から20%の患者さんで水泡疹が消えた後も神経痛が残り長い間苦しまれます(帯状疱疹後神経痛)。   帯状疱疹ワクチ...

ワクチンの筋肉内注射について

最近、日本でもワクチンの筋肉内注射(いわゆる筋注)が増えていますが、ワクチンの有効性および安全性については皮下注射と変わりありません。 ワクチン接種部位の発赤腫脹(局所反応)は、皮下注射より筋肉内注射の方が軽く、国際的にはほとんどのワクチンは筋肉内接種されております。日本が特別な状況です。 注射時の痛みも皮下注射と同等です。注射時の痛みはワクチンの種類により異なります。 帯状疱疹ワクチンおよび子宮...
1 2